悩む時間があるなら威哥王を! - 威哥王(ウェイカワン,イカオウ)に関するあらゆることがわかる専門サイトです。漢方精力剤とはどのようなものかから効果まで紹介しています。

悩む時間があるなら威哥王を!

性の悩みというのは、誰しも他人に相談しにくい悩みです。
特に、「性行為の時に、うまく勃起できず最後までできなかった…」
そんなこと、恥ずかしくていくら仲が良い友人でもなかなか相談しにくいですよね。

男性にとってED(勃起不全)は、単なる病気ではなく、
男性としての自信や誇りとも直結する問題です。
だからこそ、自分だけの、あるいはパートナーとの2人だけの悩みとなってしまい、
周囲にはなかなか相談できないものなんですよね。

では、女性はEDについてどう思っているのでしょうか。
今回は「EDにまつわる経験談」をご紹介しよう思います。

男性の方は、しっかり読んでくださいね。

「男性との性行為中に、相手の勃起力が原因で最後までできなかった経験はありますか?」
という質問に対してこのような答えが返ってきました。

  • 「緊張があったのか、途中で柔らかくなって続けられなくなった。「今日はやめようか」と言いました」(30代・医療福祉・相手は20代男性)
  • 「体調が悪いか、疲れたのかなと思いました。「そーいうときもあるよ」って言葉をかけた気がします」(30代・商社卸・相手は30代男性)
  • 「途中で萎えてしまって原因が謎のまま中断し、気まずい雰囲気になった」(20代・金融・相手は20代男性)

などなど、男性としては耳の痛い内容がぞくぞくと返ってきますね。
原因としては「緊張」や「疲れ」などが多かったですが、中には
「かなり酔っていて、いい雰囲気で始めたものの、いざという時に萎えて、続かなかった」(30代・主婦・相手は30代男性)
など、お酒が原因と思われるものもありました。
飲みたくて飲んでるお酒じゃないときもあるんだよ!!と
男性を代表して言いたいところですが、今回は、そこは置いといて…
テーマは「女性がどう思ってるのか」ですからね。

やっぱりしてほしい「ED治療」その理由とは…

「ED(勃起不全)の男性に対して、どのような感情を持ちますか?」という質問に対しては
なかば諦めの感情を持っていることが分かりました。

中には「自分になにか原因があるのかなと思った」(30代・情報IT・相手は20代男性)など、
原因が自分にあるかもしれないと考える女性も多く見られました。
女性からすれば、どうすればパートナーのEDを直してあげられるのか分からない…
もしかしたら自分が原因かもしれないし…というところから
「しかたない」という言葉が出ているのかもしれません。

しかし、女性が半ば諦めの感情を持っているEDですが、一方で
「パートナーがED(勃起不全)だったら、治療してほしいと思いますか?」という質問に対しては、
おおよそ80%がYESと回答。

半ば「しかたない」とあきらめているにも関わらず、治療できるものであれば治療してほしい…
私もこのアンケートを見て知ったんですが、女性がそんな複雑な心情だったとは。

「子供が欲しいから」(20代・医療福祉)
「EDの方との子供が欲しいときはどうすればいいのか」(20代・学生)
「急ぎはしないが、子どもが欲しいときのために、いつかは治療して欲しい」(20代・金融証券)
「やっぱり子作りに問題が出るんでしょうか…」(20代・その他)

やはり多くの女性が子作りへの影響を心配しているんですね。
確かに短いお付き合いである、あるいはある程度の高齢になり子作りも一段落した後ならば
「諦め」「仕方ない」で乗り越えることができるのかもしれません。
しかし一方で、その男性と長いお付き合いとなり、結婚まで考える20代、30代の女性にとって、
EDは「仕方ない」病気ではなく、「ぜひ治療してほしい」病気なのかもしれないですね。
もしかして、自分もEDかもしれない、EDとは自覚してるけど
病院に行きたくないと思ってる方は、是非、威哥王をお試しください。

▲このページのトップへ