威哥王をはじめすべての薬には副作用がある - 威哥王(ウェイカワン,イカオウ)に関するあらゆることがわかる専門サイトです。漢方精力剤とはどのようなものかから効果まで紹介しています。

威哥王をはじめすべての薬には副作用がある

威哥王を服用すると副作用はあります。
しかし、どれくらい副作用があるのかは人によって度合いが違います。

そもそも副作用とは、その薬を飲んだときに目的とは違う望ましくない効果が現われることを副作用といいます。
具体的には、威哥王を勃起や興奮促進目的で服用したにもかかわらず、
望ましくない頭痛や顔のほてりが出ることです。

効果と副作用は表裏一体

威哥王を使ってみたいけれど「副作用」が心配だとなかなか勇気が出ない方がいらっしゃいます。
「副作用」を正しくご理解いただける例をあげてみます。

私たちがよく使うであろう薬の代表的なものとして「風邪薬」があります。
風邪薬には抗ヒスタミン剤と呼ばれる成分が入っています。鼻水やくしゃみを止める効果が期待できるものです。
一方で、抗ヒスタミン剤は人が目覚めているために必要な脳内物質(ヒスタミン)を抑えているため、眠気を誘発します。

このように、ある効果を出すために、ある期待できない効果が必ず発生します。

漢方は副作用が少ないといわれる

威哥王などの精力剤漢方はバイアグラなどの西洋薬とよく比較されます。
その特徴でよく言われるのが、漢方のほうが副作用が少ないということです。

なぜ副作用が少ないかというのは漢方と西洋薬の作られ方の違いに由来します。
西洋薬は製薬会社が、ある成分を科学的に合成や抽出してつくられる一方で、
漢方薬はあらゆる素材の組み合わせを調合することによってつくられます。

西洋薬は開発から販売流通までに10年から15年の時間が必要だといわれますが、
特に臨床試験(マウス試験や人間の治験)に膨大な時間と費用を費やします。
それを使って安全であるか、どのような効果があり、どのような副作用があるのか判断するためです。
それほど、臨床試験が重要だということです。

漢方は何千年以上の歴史の中で、十分に体験されたものの積み重ねであるため、
そのルールに従って服用すれば副作用も抑えられるということが分かって調合されています。

つまり、威哥王には副作用があるが、副作用を抑えつつもその効果を最大限に発揮できるようにつくられています。

▲このページのトップへ