威哥王の成分「海狗鞭(オットセイ)」の効能とは? - 威哥王(ウェイカワン,イカオウ)に関するあらゆることがわかる専門サイトです。漢方精力剤とはどのようなものかから効果まで紹介しています。

威哥王の成分「海狗鞭(オットセイ)」の効能とは?

オットセイはテレビや水族館などで見ることができる愛嬌たっぷりの動物で、普段は浜辺などの海岸付近に生息しています。

まず、驚くべくオットセイの特徴は、その繁殖のあり方です。

オットセイは一夫多妻性で、それもメスの数は3頭や4頭などといった生易しいものではなく
、多い場合には100頭ものメスを相手に、たった1頭のオスのオットセイが子作りに励むとされています。
当然ながらオスの間には、メスをめぐって熾烈な競争がくり広げられ、
戦いに敗れた若いオスは戦いのトレーニングを積み、体格が大きくなるのを待ってリベンジする場合もあるが、
多くのオスは再チャレンジする気力を失い、メスとの交尾の機会をもてずに生涯を終えるそうです。

やはり、この並大抵じゃない繁殖能力で“強い遺伝子”を残す本能というのはとてつもなく強いですね。

日本では江戸時代からこうしたオットセイの精力絶倫ぶりに目を付けて、
主に戦国武将などがその成分をさまざまな形で摂取し、立派な世継ぎが誕生することを望んでいたと言われてます。
また、気候の厳しい寒冷地に住むイヌイットの間では古くからオットセイの肉が食べられており、
それによって寒く厳しい環境を生き抜くパワーを得てきたといわれています。

そして、オットセイの最大の特徴といえば…「カロペプタイド」という特有の成分なんです。

オットセイの筋肉に存在するカロペプタイドは、生物界でオットセイからしか取れない貴重な成分で、
オットセイの骨格筋から抽出必須アミノ酸8種類全てを含む種類のアミノ酸からできています。
カロペプタイドには、末梢血管を拡張させる作用があることが解っており、
ペニスが勃起・増大するために充分な血液を送る働きがあるのです。

その他にも、なかなか治らない足腰の冷え、更年期障害による体質虚弱の改善に効果があります。

オットセイには、本当に頭が上がらないですね。

▲このページのトップへ